科目詳細


C03 機能分子化学特論

C03-T 機能分子化学(東京医科歯科大学)

担当者
玉村 啓和
Close
講義場所
講義時期
平成27年度後期(10月5日〜11月24日)
講義の特徴
生体で機能する様々な化合物(ホルモンやタンパク分子)とゲノムを構成するDNAに関して、原子、分子レベルで構造と機能発現について理解し、これらの生体分子に関連する化合物の化学合成、構造解析、およびその応用に関する最近の研究について学ぶ。
レベル
先端的

講義内容

回数授業日程開始時刻終了時刻授業内容担当教員
12015-10-58:5010:20生体高分子の探索化学細谷 孝充
Close
22015-10-510:3012:00生体高分子の探索化学細谷 孝充
Close
32015-10-198:5010:20核内受容体の医薬化学影近 弘之
Close
42015-10-1910:3012:00核内受容体の医薬化学影近 弘之
Close
52015-10-268:5010:20ゲノム化学の基礎と展開野村 渉
Close
62015-10-2610:3012:00ゲノム化学の基礎と展開野村 渉
Close
72015-11-98:5010:20機能分子による細胞増殖・分化の制御渡邉 信元
Close
82015-11-910:3012:00機能分子による細胞増殖・分化の制御渡邉 信元
Close
92015-11-168:5010:20個の医療:実際には伊藤 哲
Close
102015-11-1610:3012:00個の医療:実際には伊藤 哲
Close
112015-11-178:5010:20機能分子のデザインと開発戦略平野 智也
Close
122015-11-1710:3012:00機能分子のデザインと開発戦略平野 智也
Close
132015-11-248:5010:20ペプチド・蛋白質化学玉村 啓和
Close
142015-11-2410:3012:00ペプチド・蛋白質化学玉村 啓和
Close
152015-11-2413:0014:30生体触媒を用いた物質創薬森 修一
Close
単位
2単位 (修士課程)
成績評価
授業の参加状況(20点)及び試験(80点)に基づいて総合的に評価を行う。
参考書
受容体がわかる(加藤茂明著、羊土社)、ビタミン研究のブレークスルー(日本ビタミン学会編、学振出版)、The Nuclear Receptors FactsBook(Laudet, V & Gronemeyer, H.、Academic Press)、ゲノム化学の最前線(杉山弘・中谷和彦編、化学同人)、生命現象を理解する分子ツール(浜地格,二木史朗編,化学同人)(資料配付予定)
V & Gronemeyer, H.、Academic Press)、ゲノム化学の最前線(杉山弘・中谷和彦編、化学同人)、生命現象を理解する分子ツール(浜地格,二木史朗編,化学同人)(資料配付予定)
科目詳細をPDF出力する