• HOME
  • News
  • 2020年
  • 令和2年度前期 共通シラバスの取り扱い【中止】について

令和2年度前期 共通シラバスの取り扱い【中止】について

2020-04-07

 東京医科歯科大学、お茶の水女子大学、学習院大学、および北里大学は、学部教育に比べて体系的なシラバスが不足しがちな大学院教育の充実化を図るために、 各大学の特色を生かした共通科目を設置し、単位互換制度を活用して四校の学生が受講できるように教育連携を行っててきました。「共通シラバス」は、毎年度発行してきた四校の授業を紹介する冊子です。

しかし、COVID-19の猛威の中、各大学における授業の開講や学生教員の交流 が大変難しい状況になっています。そこで令和2年度前期(4月〜9月) は、 COVID- 19感染拡大防止を最優先とし、「共通シラバス」の発行を見送ることといたしました。ご理解のほど、よろしくお願いします。なお、後期(10月〜3月)に関しては、状況を見ながら後日判断することにいたします。